労働基準法について正しく知ろう
2022年10月15日

ベースの種類を考えて選ぶ勤怠システム

勤怠システムを導入する際にはそのベースをどのようにするかを考えることが大切になります。自社サーバーを設置してそこにシステムを構築するか、クラウドサービスを利用してそのサーバー上にシステムを準備するかということがその代表的な選択肢です。ソフトウェアやアプリを必要とするシステムとするか、ウェブ上で扱えるものとするかというのも重要な観点の一つであり、それによって利用のしやすさにも違いが生じてきます。システム導入の際にはそういった多様な観点を保つ必要がありますが、勤怠システムの場合にはコストと勤務時間管理の二点から考えることが重要となります。

自社サーバーの構築と管理には膨大な費用がかかるのに対して、クラウドサービスを利用する場合にはその大幅な削減を行うことが可能です。クラウドで問題になるのはセキュリティーですが、その高さを前面に出している業者も多くなっており、安心して試用できる状況ができてきています。一方、勤務時間管理の行い方によってソフトウェアやアプリを使うかウェブを用いるかというところに違いが生じます。勤怠管理においては打刻の仕方を考える必要があり、その自由度を考える必要があります。

ウェブ上で行えるようにすることで端末の種類によらずに勤怠システムにアクセスして打刻が可能になり、外勤でも打刻ができるようになります。一方、ソフトウェアなどを必須とすることで自宅などからの不正打刻を防止することができるという面があり、それぞれに特徴があるのです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です