お中元の時期は地域により異なります

日頃お世話になっている相手に感謝の気持ちを込めて贈るもののひとつがお中元です。

お中元情報ならこちらのサイトです。

元々中国の風習であり、祖先を供養する日をお中元と呼んでいましたが、それが日本に伝わり、仏教の風習と混ざり、お盆の時期にお世話になっている人に感謝の気持ちを伝えるための行為に変化したものが、現在のお中元にあたります。


一般的には夏に品物を送るものとなっていますが、実は地域により送る時期が異なります。

それを知らずに贈ってしまうと反対に失礼にあたってしまうことから十分な注意が必要です。
北海道の場合には7月15日から8月15日頃、東北や関東の場合には7月初旬から7月15日が該当します。
その他に東海や関西、中国四国地方では7月中旬から8月15日、九州になると8月に入ってから15日にかけてがおおよその時期にあたります。



北陸と沖縄地方はやや特殊な傾向があり、北陸では7月1日から15日にしている地域と、7月15日から8月15日にしている地域に分かれているため十分な注意が必要です。

沖縄は旧暦の7月15日前後に贈るしきたりがあり、現在では8月中旬から9月初旬にあたります。
このように贈る時期が地域によりかなり異なる物の、九州と沖縄を除く多くの地域では、7月15日がじきに該当していると言えるでしょう。



いつ頃送れば良いのか迷った場合には相手に聞くのが一番安心ですが、それが難しい場合には十天衆月15日に届くように考えておくと安心です。