Skip to content

物置から栽培まで用途の幅が広いスチールラック

スチールは鉄と炭素素材を混ぜて作った合金であり、熱によって変形するため様々な形に成型できるのが特徴です。そんなスチールのメリットを生かして、ホームセンターで販売されているのがスチールラックになります。スチールラックは組み立て式の棚であり、それぞれの部品が独立しており自宅に持ち運んだ後に部品を組み立てて使うのです。スチールラックの良さというのは重量が軽いため女性でも簡単に持ち運べるだけでなく、炭素と結びつけることでとても頑丈でありある程度の重量が乗っても耐えられる強度をほこります。

そのためスチールラックは本やおもちゃなどの整理整頓に使われるだけでなく、屋外に設置すれば靴や傘そして庭を手入れするための道具を保管するのにも役に立つのです。基本的にはスチールラックは整理整頓のために使われる棚ですが、最新のトレンドとしては家庭菜園をする際に用いられます。スチールは軽くて頑丈というだけでなく、高温による成型と炭素の配合による結びつきの強さによって抗菌力と防錆性が強いメリットがあります。そこで野外においてプランターもしくは鉢植えを使って、野菜や果物を育てます。

防錆性があるので、野外に設置しても風や雨にぬれてもさびないのです。そのため長期間野外においても安全に栽培ができるだけでなく、水やりの際に上側から水を流すことによって全体の果物や野菜にまんべんなく水やりができます。さらに鉢やプランターを置く柵には空間があるので、作物を育てるうえで大事な通気性も抜群です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です