Skip to content

スチールラック購入前に決めたいこと

スチールラックはサイズやバリエーションが豊富な収納棚で、カスタマイズも簡単なところが喜ばれています。引越しやリフォームなどのライフイベントが発生したときも、スチールラックは買い替えではなく、カスタマイズすれば良いだけですから大変便利です。そんなスチールラックを購入するときには、まず「何を収納するのか」を想定する必要があります。本やファイルなどを収納するとしても、集めれば相当な負荷がかかるでしょう。

重さを想定することで、どのようなラックを購入すれば良いかがわかります。重さに強く、クロームメッキなどで仕上げた収納棚であれば、問題なく収納することが可能です。ポールの大きさや材質によって強度は異なりますから、注意が必要となります。収納するものが決まったら、「設置場所のサイズを測る」ことが大切です。

せっかく購入したスチールラックのサイズが合わなければ、組立の手間が無駄になってしまいます。このとき、大切なのは幅だけではなく奥行も計測することです。どれほど大きな横幅を持たせても、奥行がなければ収納しにくく、モノが落ちやすくなります。出来るだけ奥行もしっかりと余裕を獲りましょう。

また、スチールラックの外寸と内寸を考慮すべきです。実際にモノを収納することになる内寸は、ひとまわり小さくなります。それをあらかじめ予想しておけば、あとでモノを収納する際に慌てずに済むのです。それぞれ適したサイズのラックを選べば、快適に整理整頓が出来ます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です