Skip to content

本棚にはスチールラックがおすすめ

本や漫画、雑誌などは気が付くといつの間にか増えていて、収納する場所に困ったりします。サイズも様々で、一つの本棚にきちんと収まらなかったり、漫画は集めていると発売されるたびに少しずつ増えていきます。本棚といえば木製のイメージが強いですが、サイズを拡張できたりカスタマイズしやすい、スチールラックがおすすめです。木製の本棚は形が決まっていることが多く、雑誌と漫画を一緒の棚に収納すると、背の低い漫画の上に余白ができてしまいます。

空いたスペースがもったいないし、見た目も不格好になり見ていて落ち着きません。しかし、カスタマイズが可能なスチールラックは、本の高さに合わせて棚を調節でき、同じ高さの本を同じ棚に収納すれば、隙間ができることなくたくさんの本をきれいに並べられます。本が入る量が決まっている木製の本棚は、いっぱいになると追加でもう一つ本棚を買って、重ねるか並べるしかなく、場所もとるしお金もかかってしまいます。この悩みもスチールラックなら棚をもう一枚買い足してラックに設置することで問題が解決します。

スチールラックに棚を足す高さがなくても、高さを継ぎ足す延長ポールが販売されているので、場所も取らずに継ぎ足すことが可能です。また、スチールラックは簡単に組み換えができ、模様替えや引っ越しも楽に行え、部屋の形や大きさに合わせて形を変化させることができます。部屋の移動も簡単で、重たい本棚を二人がかりで慎重に運ぶ手間もかかりません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です